日本のSIMロックiPhoneをカナダで「賢く?」利用する裏技


どうも、Dogaです。

 

ワーホリでカナダに来られた方が現地での携帯電話に関して口を揃えておっしゃるのが…

「日本で購入したiPhoneはこちらでは使えないの?」

でしょう。僕もこちらに来る前はどうにかして日本のiPhone6が使えないか色々調べましたよ。回答としては、「日本のiPhoneはキャリアのロックがかかっているのでそのままでは海外で使えません」です。

SIMロックを解除するために海外のファクトリーアンロックサービスを使うか、SIM下駄を使うという、裏技的な方法はあります。




ただし高額であること、不安定であること、何かあっても自己責任であることなどから僕は日本のiPhone6でこちらのSIMを使うという方法は断念しました。(紆余曲折しテザリングでメイン機として使うハメにはなったのですが…笑)

ちなみに日本のキャリアでもついにiPhone6Sから?SIMロック解除サービスが始まったようですね。ただまだその恩恵を受けられない人も多いのではないのでしょうか?

そこで本日はワーホリでカナダに来られた方が、日本から持ってきたSIMロックiPhoneを「賢く」利用するための方法についてご紹介です。

  1. 日本のSIMロックiPhoneがアップルストアで売れる?
  2. iPhoneは日本で買うよりカナダで買った方がお得?
  3. 長期的に見て判断すべし?

1.日本のSIMロックiPhoneがアップルストアで売れる?

そうなんです。実は日本から持ってきたiPhoneはこちらカナダでも買取りをしてくれるのです。

正しくは「Brightstar」という携帯端末やアクセサリーの卸会社が間に入っているようなのですが、カナダの公式のアップルストアで直接手続きが可能のようです。

日本も携帯キャリアがiPhoneの下取りキャンペーンなどやっていましたよね?イメージはそんな感じです。

日本でせっかく高いお金を払って購入したiPhoneがカナダでは何の役にも立たないなんて悔しくないですか?

はい、どうせなら売ってしまいましょう!笑

ただし買取りをしてもらうためにはいくつか条件があるようですので念のため触れておきます。

・Offer only available on presentation of a valid, government-issued photo ID. 
 (写真付きの本人証明書類 ex.パスポートなど)
・You must be at least 18 years old.
 (18歳以上であること)
・ Value of your current device may be applied toward purchase of a new Apple device. 
 (新しいiPhoneを購入することが条件)
・Offer may not be available in all stores and not all devices are eligible for credit
 (全てのお店で取り扱っているわけではないのと、全ての端末が対象になるわけではない)
カナダApple Store公式サイトより引用

3つ目の「新しいiPhoneを購入することが条件」というのが結構ポイントかと思います。売るだけじゃダメなんですね。ついでに新しく買わなければいけないわけです。

本サービスは現金をもらえるというよりも割引のためのCredit(クレジット)をもらえるという考え方に近いためこの条件があるわけです。

日本でGETしたiPhoneを高値で売り、カナダでお得にiPhoneをGETしましょ〜!

というわけです。

実際に自分の端末がいくらで売れるのか知りたい方は、Apple(CA)上で以下の手順でオンライン査定ができますのでぜひ調べてみてはいかがでしょうか?便利ですよね。

①iPhoneを購入する画面に進み、「Learn more」をクリック

iPhone①

②「Get an online estimate」をクリック

iPhone②

③自分の端末のスペックを選択

iPhoneのモデル

スクリーンショット 2016-01-26 23.47.02

容量

スクリーンショット 2016-01-26 23.47.15

スクリーンショット 2016-01-26 23.47.23

全て選択をすると「Continue」をクリックして先に進みます。

③端末の状態

ここで問われるのは端末の状態です。要は、「綺麗なiPhoneですか?」と聞きたいわけですね。質問は以下です。

⑴バッテリーのもちは問題無いレベルか
⑵画面に大きな傷はないか
⑶iPhoneの側面・縁に大きな傷はないか
⑷ボタンは機能するか
⑸一度も水没させていないか

スクリーンショット 2016-01-26 23.53.23

ちなみに普通の生活をしていてつく小さな擦り傷なんかはあまり問題ないとのことです。基本的に端末に何も問題がない方は全項目「YES」を選択してください。

選択が終了したら「Continue」を押して先に進みましょう。僕も自分のiPhone6(16GB)を査定してみました。

④端末の金額が表示される(あくまでベストエフォート)

すると査定金額が表示されます。僕の端末でも$450という高値がつくんですね!ただこちらの値段はあくまでベストエフォート(最大値)であり、実際はここから金額が下がると思います。

スクリーンショット 2016-01-27 0.01.25

僕がトロントで会った日本人の方がトロントのアップルストアで実際に売りに行ったところiPhone6(128GB)でも$400だったとのことでしたので、実際はオンライン査定金額より下がるでしょうね。

しかし新しくカナダで携帯電話を購入予定の方にはなかなかの朗報ではないでしょうか。自分のiPhoneを売り、そのお金で新たにSIMフリーのiPhoneを購入してしまえば、カナダだけでなく日本を含む他の国でも使えるため、長期的に見ればお得ですよね。

ちなみに僕のiPhoneは結構側面バキバキなので売れないと思っています…。このままAndroidのテザリングで頑張ります…泣

 

2.iPhoneは日本で買うよりカナダで買った方がお得?

今とてつもない円高の波が押し寄せていますよね。この記事を書いている現在なんと$CAD1=約83円ですよ。

そこでカナダのAppleストアと日本のAppleストアのiPhone6Sの料金を比較してみました。

【iPhone6S(16GB)】
・日本:86,800円(参照:日本アップルストア)
・カナダ:$899(83円×899=74,614円(参照:Apple Store(CA))

おいおい…なんとカナダのAppleストアで購入した方が約1万2,000円もお得!?

まぁ実際にはドル/円の換金時の手数料なんかを含めて考えると誤差はありますが、どちらにしてもこちらで購入した方がお得なことに間違いはないでしょう。

今後の変動の仕方で変わってくる可能性はありますが、カナダでiPhoneを買うなら今?




 

3.長期的に見て判断すべし?

とは言うもののわざわざここまで高価なiPhoneを買う必要がないという人もいると思います。ワーホリで来られている方でしたら大体の場合は1年で帰国される方がほとんどでしょう。

また、そういう方々は日本に戻ったらまた日本のiPhoneを使われると思いますので、こちらで売ることすらしたくないという方も多いと思います。

これだけ紹介している僕も正直、この方法が誰にとっても最適な方法だとは言いません。本人の必要性予算と今後の滞在期間など、いろいろな要素が関わってくると思います。

ただ今後カナダに長期滞在予定で、かつ最新iPhoneを少しでも安く手に入れたいという方にとってはこの方法はとてもお得なはずです。

また海外旅行が好きだから一台はSIMフリーiPhoneを持っておきたいという方にとってもお勧めできる選択かなと思います。日本に戻っても使えますしね。

長期的に見て自分にとって必要かどうかしっかり見定めた上で、興味のある方は試してみてはいかがでしょうか?


ということで日本のSIMロックiPhoneを「賢く」利用する方法のご紹介でした。

再利用とは言いませんが、一応売ってお金にして新しいiPhoneを買うわけですし「利用」と言えますよね?笑

なお本サービスは2016年1月26日現在は運営されているようですが、今後も続くものかどうかは定かではありませんので気になる方は直接Appleストアでご確認されることをお勧めいたします。

 

Doga

▶︎イイね!と思った方はクリックもお願いします★
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

▶︎「note」で有料記事の配信始めました。Deepな本音・思想を綴ります。

・28歳で脱サラした男が「人生」について再考してみる(月額購読300円、単品記事100円)

▶︎こちらもチェック
DogaDogaTVブログ(英/日)
YouTubeチャンネル(英/日)