どうも、Doga(@DogadogaTv)です。




本日は渡航前にすべき公的手続きを全て終えてきました。これで後は最後の荷造りのみです。ということで、本日は以下について書きたいと思います。意外とすぐに終わって驚きました。

①住民票の除票
②国民健康保険の脱退
③国民年金の脱退
④住民税(平成27年度分)の支払い
※①〜③は市(区)役所です

①住民票の除票

これからは居住地が日本ではないので、住民票の除票が必要です。この住民票を抜いておかないと来年も住民税を払い続けることとなります。尚、住民税については④で記載したいと思います。

手続きに必要なのは、申請書と身分証明できるもののみです。僕は運転免許証を使いました。その際に②③についても簡単な説明を受け、それに応じて窓口へ案内されます。これ、一瞬で終わります。

②国民健康保険の脱退

はい、次は国民健康保険です。別に加入し続けても良いのですが、僕はカナダで別の保険に加入する予定のため、日本の国民健康保険は一時的に脱退することとしました。お金も払い続けなくてはいけませんし、なんかもったいないかなと。

①を終えた際にもらった紙を持って、窓口へ向かえば特に追加で必要な書類はいりませんでした。
(僕の場合は退職後実家に帰省し、同月内に転入-転出なので当月分の保険料支払いも特に必要ありませんでした)
えー、こちらもまた一瞬で終わります。

 

③国民年金の脱退

はい、ドンドンいきます。続いて国民年金。こちらも支払い続けることは可能ですので加入し続けても問題ございません。ただ脱退している間の分は、当然将来の年金として積み立てられないため、必ずしも脱退することが良いとは言えませんが、僕は現地滞在中は脱退することに決めました。手続きも、、はい、一瞬で終わります。

 

④住民税(平成27年度分)の支払い

最後に、住民税。こちらは結構重要です。住民税は会社に在籍していた時は特別徴収で給与から天引きされていましたが、退職後は残りの分を自分で支払わなければいけません。(額によっては退職金や給与から一括徴収という手もあります)
住民税の支払いは通常6月〜翌年5月が期間となるのですが、僕は10月末に退職でしたので、11月〜5月分の支払いが残っております。コンビニでの支払いも可能でしたが、念のため銀行で支払ってきました。

尚余談ですが、住民税は1月1日に居住している地域に納付する必要があるものです。つまり言い換えれば、、、

1月1日に日本に住んでいなければ支払わなくても良いのです!

僕は平成28年度の6月〜5月分の住民税は支払わなくても良いのです。現地で資金に限りがある僕にとって、これは結構大きいです。海外滞在が「1年以上」などのような条件もあるようですが、ワーホリのようなケースの場合は基本的には支払いの義務はないのがほとんどです。ワーホリも「1年」滞在できますからね。




これでひとまず全ての手続きは終えたはずです。早いものでもう今週末には出発です。荷造りが何気に面倒ですが、今は渡航にワクワクしております。

最後に何か忘れ事がないか念のためチェックしておきます。。

 

Doga

▶︎こちらもチェック
DogaDogaTVブログ(英/日)
YouTubeチャンネル(英/日)

▶︎よろしければ↓のクリックもお願いします★
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です