どうも、Doga(@DogadogaTv)です。

本日は僕が愛用しているAndroid端末用のスマートウォッチMoto 360(1st Gen)のご紹介です。過去何度も自分のスマートウォッチについて触れたことはありましたがちゃんと紹介するのは初めてでした。

ちょっとでもスマートウォッチに興味がある人であれば読んで頂いても損はない記事かと思います。

IMGP1832

日本ではiPhoneを使っているもののワーホリに行く際には現地で安いAndroid端末を使う人、現地でiPhoneのSIMフリー端末を買う予定の人、かつApple Watchは高すぎるよと購入を躊躇している人などなど、Moto 360は様々なタイプの方のニーズをカバーしてくれる端末です。

  1. Moto 360(1st Gen)の基本情報
  2. 僕がオススメする機能と使い方
  3. 果たしてMoto 360は必要か?

1.Moto 360(1st Gen)の基本情報

Moto360の基本情報は以下です。もうずいぶん前に発売されており、既に何度も紹介されている製品なので今更感はありますが念のため載せておきますね。以下、Wikipediaより。

標準価格 249ドル
OS Android Wear
電源 320 mAh
CPU Texas Instruments
OMAP 3
メモリ 512MB
ストレージ 4GB
ディスプレイ 1.56 in (40 mm)
LCD
320 x 290 ピクセル
205ppi
外部接続 Bluetooth 4.0
ワイヤレス充電Qi
オンラインサービス Google Play
Google Now
サイズ ケース直径:46 mm
厚さ:11.5 mm
重量 49 g

上記にはアメリカでは249ドルと記載はありますが、日本では公式発売がなかったためAmazonやショップを通して輸入する必要がありました。しかも実は当初日本で手に入れようとすると6万円くらいしていたのです。

ところが先日Moto360の2ndシリーズが発売されたため、1stシリーズの値段が大幅に下がっております。日本で得ようとしても2万5000円くらいで手に入るはずです。僕も実は値段が下がってから購入した内の一人です。

3〜4ヶ月前に購入したのですが、もともと僕は発売当初からこのMoto360に一目惚れをしておりました。日本ではiPhoneユーザーなのですが、このMoto360の洗練されたデザインにゾッコンでした。正直Apple Watchのデザインはあまり好きじゃありません。

そこで日本での購入価格が下がったのと、カナダでAndroid端末を使う予定ということで購入を決心しました。僕はAmazonを通して購入したのですが、当時約2万4000円でした。




使い始めて驚いたのですが、なんとiPhoneユーザー向けのアプリも出ており、iPhoneからでも利用することが可能になっているのです。僕はAndroidを利用予定だったので特に気にならなかったですが、よく考えるとそのおかげで今があると実感しております。Android携帯はお蔵入りしたので 笑

 

>>関連記事「でた!顔面唐竹割り!買い替えか?」

>>関連記事「壊れた携帯、解決策見つかりました!」

IMGP1825 IMGP1822

ただAndroidで使うよりもFaces(時計画面の着せ替えデザイン)やアプリが少ないため機能が限られます。iPhoneで使える基本的な機能としては携帯の通知、ライフログ(万歩計、心拍数etc)、アラーム、天気予報、音楽プレーヤー操作、カレンダー、Google翻訳、カレンダー通知、最寄りの公共交通機関情報通知、Googleマップナビくらいでしょうか。AndroidだとGoogleマップが使えたり、電卓アプリをインストールしたり、まぁ色々アプリ次第ではカスタマイズが可能でした。

ただAndroidで使っていた時に抱いた率直な感想としては・・・

そんなにごちゃごちゃスマートウォッチに機能いらない 笑

ということでした。なのでトロントでiPhoneをメイン端末として使っている僕としては程良い使い心地で快適に生活ができております。

 

2.僕がオススメする機能と使い方

ではどのような点で程良い使い心地なのか、オススメの機能はなんなのか紹介しましょう。

⑴最寄りの公共交通機関情報通知

これが実はかなり便利。例えば歩いていて最寄りのバス停や路面電車、地下鉄を通ると、そこから出ている幾つかの便の出発時刻を通知してくれます。まぁあまり時間を気にしなくても3〜5分ほど待てば次の便が来るトロントの地下鉄ではありますが、バスや路面電車などでは結構重宝します。また、近くに駅があることを携帯のGoogleマップを開かなくても知ることができるというのもちょっと助かります。

⑵Googleマップナビ

これもかなり便利。一度携帯側で目的地を設定し、ナビを開始すると、Moto360側でも「次を右に曲がって」「まっすぐ〇〇m進んで」というようなNaviが通知されます。携帯をいちいち開いておく必要もないため大変便利です。誰でもワーホリでカナダに来てしばらくはGoogleマップを重宝することになると思いますが、そういう方にオススメです。またカナダで運転するという人にとってもこれは便利かもしれませんね。

⑶カレンダー通知

ただのカレンダーの予定通知だけじゃないんです。携帯のカレンダーの予定表にロケーションも入れておくと、その場所に到着するまでの所要時間も計算した上で、間に合わなくなる前の出発促進通知もしてくれます。「〇〇時の○○駅の便に乗らなければ間に合いませんよ!」的なイメージです。これも何気に便利。




 

3.果たしてMoto 360は必要か?

と言うより「スマートウォッチは必要か?」という質問をされる方がほとんどでしょう 笑 そして今のところの回答としては・・・

万人に必要な端末ではない

というのが正直なところでしょう。しかし、そんなスマートウォッチの中でもコストパフォーマンス、デザインを考えると圧倒的にMoto 360がスマートウォッチのスタートとしては最適な端末なのではないかなと思います。2万5000円くらいで買えて、デザインも洗練されており、かつ時計のバンド部分も着せ替え可能であるため、普通の時計を使っておくような感覚で利用できます。しかも防水。

僕は毎日欠かさず装着しております。バッテリーは就寝前に充電して、朝から使い始めても夜までもちますので普通の生活していれば支障は全くありません。バッテリーのもちを気にする人は多いのですが、家の中では時計外す人も多いのでは?外出時のバッテリーがもてば良いのでは?笑 と最近結構思います。

IMGP1829 IMGP1828


以上、Moto 360のご紹介でした。スターターとしてはとてもお勧めできる端末ですので、スマートウォッチに少しでも興味があった方は試しに購入してみても良いのではないでしょうか。

Doga
▶︎こちらもチェック
DogaDogaTVブログ(英/日)
YouTubeチャンネル(英/日)

▶︎よろしければ↓のクリックもお願いします★
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です