SIMフリー中古iPhone5Sが$○○!?


どうも、Doga(@DogadogaTv)です。

 

以前にも触れましたが、海外では日本で使っていたiPhoneはSIMフリー機ではない限り使えません。

しかし日本でiPhoneを使っていた方も多いはずです。トロントに来てもiPhoneを使いたいという方も多いことでしょう。しかし新品のiPhoneを購入しようとするとこの値段です…。(アップルストア公式HPより)

スクリーンショット_2016-02-03_9_53_37

以前の記事で日本のiPhoneを売って新しいiPhoneを購入する方法をご紹介しましたが、それでも結構な値段がしますよね。

>>関連記事

・日本のSIMロックiPhoneをカナダで「賢く?」利用する裏技




ちなみにまだiPhone5Sでも$599します。高い…。

そこで先日僕が検証用に購入した中古のSIMフリー版iPhone5Sがついに届きましたので本日はそちらのご報告です。

なお、本記事は決して同じ方法で購入を促す目的で書いているわけではありません。本方法はそれなりにリスクを伴い、購入後満足な結果を得られない可能性もあります。その点十分理解した上でご参考にしていただければと思います。

  1. 購入方法と金額は?
  2. 届いて触ってみた感想
  3. Mobilicityの電波は掴むのか?

1.購入方法と金額は?

中古のiPhoneを安く手に入れる一般的な方法としては、CraigslistKijijieMapleといったクラシファイドで個人から譲ってもらうというものがあります。

出品主が個人なので、ものによっては破格で売られているものもありますし、新品同様のもの、状態が良くないものなど多種多様に揃っています。

しかし実際には購入してもSIMロックがかかっていたり、盗まれたiPhoneを買わされていていざ使おうとすると使えなかったり、ソフトウェアに不具合があったり、そして返金に応じてもらえなかったりと、トラブルに巻き込まれるケースもよくあるようです。

しかも個人に連絡を取り待ち合わせをし、英語で交渉し譲ってもらうわけですから、よほど英語が得意でなければその場で丸め込まれる可能性も十分考えられますよね。

 

僕も今回Kijijiでの購入を検討したのですが、上記リスクを可能な限り避けるためAmazon.caで購入する方法を試みました。実はAmazonでも個人事業主や企業から中古のiPhoneが出品されていたりします。

しかもこれが結構安値で売られており、なんとiPhone5Cが$199iPhone5Sが$269ほどで売られているではありませんか!(2016/02/03現在)

ただ商品のレビューを見ると、クラシファイドと同じように「SIMロックされていなかった」「バッテリーが壊れている」「表記とモデルが違う」などネガティブなコメントも見られましたので若干不安もありました。

とは言うものの、僕が興味を持った出品者は30日以内であれば返品も可能のようですし、Amazonから直接配送しているようでしたので、最悪壊れていたら返品したらいいやとの思いで…

はい、ポチりました。

まぁ中古ですのでバッテリーの消費速度はある程度仕方がないかなとは思っていました。SIMフリーであり、通常利用が可能なレベルの状態であれば良いでしょう。ちなみに税込みで約$305でした。

 

 

2.届いて触ってみた感想

3日ほどで早速届きました。さすがAmazonの公式配達ですね。こんな感じで段ボール箱に入った状態で送られてきました。

IMGP1978

ちなみにiPhoneの正規の箱はついておらず、付属品は充電チャージャーのみです。いざあけてみると…

IMGP1979

IMGP1980

見た感じ状態良し!しかもなんと画面と背面に新品の時のようなナイロンのシールが貼られていました。目立つ傷もなく、新品と言われても一瞬分からないくらい状態が良かったです。

IMGP1976

続いて充電できるかどうか試してみました…え?あれ?

充電できない。




しかしよく検証してみると、なんと付属のチャージャーが壊れているだけでした。笑 別のチャージャーでは充電ができたので本体の問題ではなくて良かったです。(ふぅ、焦った。)

タッチ画面や通常操作においては何も問題ありませんでした。指紋認証もしっかり動きます。iPhoneも盗まれたものでもなく、説明通りSIMフリーの端末でした。

 

一点気になるのは利用している時のバッテリーの消耗スピードでしょうか。スリープ状態ではバッテリーの消耗は気にならないのですが、利用している最中はバッテリーの減りが少し早い気がします。

劇的に減るわけではないですが、新品のバッテリー消耗スピードのスコアが100点だとしたら、このバッテリーの消耗スピードのスコアは60点といったところでしょうか。まぁあくまで僕の主観的なジャッジですよ。笑

ただ日常の利用には全く不足がないレベルだと僕は感じましたので、クリアです。

 

 

3.Mobilicityの電波は掴むのか?

最後に、僕が今Zenfone5で契約を結んでいたMobilityの電波をこのSIMフリーiPhoneは掴むのかという点です。

出品されていたページの情報に基づくと本iPhone5SはA1533のモデル(北米モデル)であり、理論上Rogersの3Gを掴むようになったMobilicityの電波も掴むはずでした。いざ試してみると…

IMGP1977

掴みましたー!

Mobilicityの文字でてますよね。計算通りです。よかった。最初はつながり辛くて少し焦ったのですが、一度つながると問題ありません。音声の電話もSMSも問題なく機能します。

モバイルインターネットは「設定」欄のAPNの設定でMobilicity専用のものを入力しなくてはいけません。Mobilicityのサイトを参考にしてください。

ちなみにLTEは使えません。これはiPhoneの仕様ではなく、MobilicityがそもそもまだLTEに対応していないからです。ただ僕としては3G使えたら十分です。


以上、検証レポートでした。これから本当に問題がないか数日かけて検証を続けていきます。使っていて急におかしくなる可能性もまだあるので。また、たまたま僕が注文したものが当たりだっただけである可能性もありますね。

くどいようですが、本購入方法は誰にでも推薦できる方法ではないため、試される方はリスクを理解された上で自己責任でお願いします。

もちろん先日始めた「お宅のケータイ鑑定します」ページで相談は乗れますので!

 

Doga

▶︎イイね!と思った方はクリックもお願いします★
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

▶︎こちらもチェック
DogaDogaTVブログ(英/日)
YouTubeチャンネル(英/日)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で