どうも、Doga(@DogadogaTv)です。

 

ワーホリでこれからカナダに来られる方が必ず手にするであろうカードが「デビットカード」ではないでしょうか?日本人の中には意外とこの「デビットカード」を知らない人も多いと思います。恥ずかしながら僕はこちらへ来る事を決める前までは、あまりピンときていませんでした。なぜなら、日本ではまだあまり普及していない支払い方法だからです。(取り扱っている銀行もあります)

 

たまにエージェントを通してカナダに来られた方の間でも、言われるがままに口座を作る感覚でデビットカードもゲットし、クレジットカードとの違いを知らないまま使っていたりする人を見かけます。確かに口座を作ると一緒についてくるカードですので、キャッシュカードのような感覚で持っている人も多いのではないでしょうか?

 

そこでこれからカナダに来られる方向けに改めてデビットカードが何なのか、カナダでの生活事情と合わせてご紹介したいと思います。

 

  1. 「VISAデビットカード」は「VISAクレジットカード」と何が違う?
  2. カナダ(トロント)ではどういう利用シーンが考えられる?
  3. 実際に僕がデビットカードを利用しているシーン

1.「VISAデビットカード」は「VISAクレジットカード」と何が違う?

VISAを中心に話をしますが、そもそもデビットカードとクレジットカードは何が違うのか?

結論から手っ取り早く説明すると・・・

 

クレジットカードはお金を借りて支払う。

デビットカードは自分の口座から直接支払う。

だと思います。両方ともほぼ同じような使い方ができますが、クレジットカードはあくまでお金を一時的に借りているのに対し、デビットカードは直接自分の口座から支払っているイメージです。つまり言い方を変えると、自分の口座にお金が入っていなければデビットカードは使えないということになります。

 

具体的な特徴については以下VISAデビットカードの公式HPより引用します。

1. 使い方はクレジットカードと同じ
Visaマークのある加盟店で、クレジットカードと同じ手順でご利用頂けます。 只し、お支払い回数に関しては1回のみ(一括)でのご利用となります。

2. 支出管理がより容易に
原則、口座残高を上限として、ご利用の都度、口座から取引金額の引き落と し、或いは取引金額相当分が留保される為 支出の管理がより簡単になります。発行会社によっては、Visaデビットご利用の都度、あらかじめ登録頂いた メールアドレスにメールで通知したり、後日、ご利用履歴をWeb上で確認できるサービスも提供されております。

3. 不正利用に対する保護:
万が一カードを紛失、盗難または不正使用されても、カード発行金融機関が課す条件(※)を満たせば、不正利用された分についてはカード所有者は責任を負いません(注)。不正利用の疑いが生じた場合は、速やかにカード発行金融機関までご連絡ください。
(注)ATM現金取引、Visaコーポレートカード、Visaパーチェシングカードまたは同アカウント取引、Visaの処理によらない取引は保護の対象となりません。
※ 詳しい条件および制限等については、カード発行金融機関にご確認ください。

4. 世界中のVisa加盟店やATMで使える
世界中のVisa加盟店で利用することができ、200の国と地域に設置されている150万台以上のVisaもしくは、PlusマークがあるATMで、自分の口座から現地通貨を引き出すことができます。
※発行金融機関、又はATMによっては利用上限額が設定されています。

5. キャッシュバックや特典ポイントの付与
利用金額に応じて、キャッシュバックや特典ポイントが付与されます。
※還元率及び方法は発行金融機関によって異なります。

(VISA JAPAN公式HPより)

 

僕がデビットカードを使い始めて個人的に感動したのは5.の「キャッシュバック」でしょうか。デビットカードを店頭で利用する際に「キャッシュバック」という項目を選択すればまるでATMのキャッシングの感覚でその場で現金を引き出すこともできるのです。店頭のレジはあまりお金が入っていないことが多いようで、お店のためにも大金をキャッシュバックするのはオススメしませんが、現金も少し持っておきたい時は$50くらいキャッシュバックするというのもアリだと思います。




またカードによって例外もあるかもしれませんが、銀行から自分のお金を直接引き出すわけですから、取引ごとに手数料がかかるクレジットカードよりもお手頃に支払いをすることができると思います。(その代わり無料で利用できる回数が決まっていることがほとんどです)デビットカードは口座開設時に必ずついてくるはずですので、キャッシュカード の代わりのような物に見えますが、日本のキャッシュカードとは異なりATMでなくても利用できてしまうというのは大変便利ですよね。

 

どうでしょう、デビットカードのイメージつかめましたでしょうか?

 

 

2.カナダ(トロント)ではどういう利用シーンが考えられる?

カナダ(トロント)では基本的にみんな現金よりもデビットカードを使っている人が多いです。むしろ現金で大金を持ち歩くことの方が怖いという人たちも多いくらいです。僕は東京で暮らしていた頃は現金3万円くらいは常に持ち歩けるように努めていましたが、こちらでそんな大金を持ち歩くのは少し危険かもしれませんね。僕も出来る限り持ち歩かないように心がけています。

 

利用シーンは小さな売店から、オンラインショップ(Amazon、Google Play、Appleなど)、スーパー、GOバスチケット、携帯電話ショップ、カフェ、レストランなどなどほぼ網羅的にカバーしています。使えないサービスを見かけるほうがレアなくらいですよ。

 

ただ僕は一度だけデビットカードが使えない経験をしたことがあります。それが以前記事を書いたシルク・ドゥ・ソレイユのオンラインチケットです。笑 その時は泣く泣くクレジットを切りましたよ…。

 

>>関連記事

この夏、シルク・ドゥ・ソレイユがトロントにやってくる!

現金払いして、以前書いた記事のようにまたおつりのコインを大量にもらうくらいなら、デビットカードでサクッと支払いをした方が効率的ですね!

 

>>関連記事

斬り捨て御免!なかなかややこしいカナダのお金

 

 

3.実際に僕がデビットカードを利用しているシーン

では最後に僕がトロントで暮らしていてデビットカードを利用しているシーンを挙げていきたいと思います。

 

・スーパーの買い物
・携帯代
・インターネット代
・アパート家賃
・電気代
・Amazon、Google Play、Apple Store
・生活雑貨の買い物
・飲食店での支払い(チップも含めて) etc...

 

これくらいでしょうか?現金で支払っているのは、トークンを購入する時か、後払いではないバーでお酒を頼むときくらいでしょうか。たまに現金が多いと感じた時はあえて現金を使うこともありますが、実際にトロントで生活をしているとこのデビットカードでほぼ事をなせるのです。これだけ便利なら使わない手はないですよね。


以上、簡単にデビットカードについて紹介してみました。普段からこのブログを読んでくださっている層の方は、「それくらい知っているよ」と思われるかもしれませんが、日本で普通に住んでいると意外と知らない人もいるのもまた事実なんですよ?(かつての僕のように…)
Doga
▶︎イイね!と思った方はクリックもお願いします★
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村
▶︎こちらもチェック
DogaDogaTVブログ(英/日)
YouTubeチャンネル(英/日)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です