どうも、アップルウォッチをいつもいじいじ(使い道を研究中)しているDoga(@DogadogaTv)です。




今日は日本のメディアではほとんど触れられていない、なかなか面白いアップルウォッチ・アプリのご紹介です。

そもそもアップルウォッチには「コンプリケーション」と呼ばれる機能があります。時計の文字盤上に表示されているあの小さなアイコンたちです。天気予報や、ニュースの見出し、バッテリー残量などなど、アップルウォッチに対応しているアプリであれば独自のコンプリケーションが備わっていることが多いのです。

これが意外と便利で、いちいちアプリを立ち上げなくても、時計を見た流れで様々な情報を確認できるのが良いところ。僕も以下のように天気予報、日本時間、カレンダーを表示しています。

ただコンプリケーションに対応していないアプリもまだまだ多かったり、「あぁここであの情報が確認できたらなぁ…」というようなものも多かったりと、個人的には少し惜しい気がしていました。

例えば、ブログのPV数をリアルタイムで表示してみたり、誰かのツイッター情報の更新をリアルタイムで表示させたり、YouTubeの登録者数の確認ができたりすればどれだけ面白いことか!

そこで最近、それに近い?未来を感じる面白いアプリを発見しましたのでご紹介したいと思います!

それが「Glancify」です。

Glancify
Glancify

Glancifyとは?

Glancifyとは…簡単に説明すると「ウェブサイト上の表示をテキストとして変換してコンプリケーションとして表示させるアプリ」です!

これだけでは分からないと思いますので、もう少し詳しくご説明します。以下写真をご覧ください。

そうです。先日公開した僕のブログ記事のタイトルが表示されています。しかし当然ながら僕は自分のブログをアップルウォッチで表示させるような不毛なアプリなんて作っていません。

そう、このコンプリケーションはこのGlancifyで作ったのです。

このようにGlancifyを使えば、閲覧がオープンなウェブサイト上の文字/数字情報のテキストを切り取り、変換し、コンプリケーションでも表示することが可能なのです!

指定の部位のテキストを変換しておりますので、もちろん表示されている情報が更新されたらアップルウォッチ上でも更新されます。←ここ重要

ただ運営者によってウェブサイトの構造を組み替えられた場合は、再度指定し直さなくては上手く表示されませんので覚えておいてください!あくまでウェブサイトのテキストから持ってきているだけですので。

 

使い方

使い方はいたってシンプルです。

  1. アプリを立ち上げる
  2. ウェブサイトのURLを入力
  3. 表示させたい情報を指定する
  4. アップルウォッチでアプリを開く/コンピレーション設定→完了

具体的に写真を見ながらご説明します。

1.アプリを立ち上げる

2.ウェブサイトのURLを入力

「Target URL」に表示させたいウェブサイトのURLを入れます。僕は自分のブログのURLをコピペしました。そして「Browse」ボタンを押します。

ちなみにブックマークに保存ボタンを押すと、Glancify内のブックマークに保存していけます。

3.表示させたい情報を指定する

サイトが表示されますので、アップルウォッチ上で表示させたい部分を指定します。

指でなぞると簡単にまとめて範囲を指定してくれます。黄色で囲われている部位がアップルウォッチで表示されることになります。

左上のボタンで「Navigation Mode」「Select Mode」を切り替えることができます。「Navigation Mode」の状態だと、そのままウェブサイトの別ページへ進むことできます。範囲を指定する時は「Select Mode」に切り替えてください。

4.アップルウォッチでアプリを開く/コンピレーション設定完了

アップルウォッチでアプリを開けば、先ほど指定したテキストが表示されるようになったのが分かります。あとは時計の文字盤上でいつもしているみたいにコンピレーションでGlancifyを選べばテキストが表示されるようになりますよ。

情報は一定のタイミングで更新されているようですが、マニュアルで更新することも可能です。(具体的にどれくらいの時間で更新されているのかは明記されていないようでした)

 

惜しい点

ただ惜しい点が、表示できる情報ソースはあくまでオープンなウェブサイトのみだということです。

つまり僕がこのブログで使っているWordpressや、YouTubeのアカウントのように、利用にサインインが必要なウェブサイトは対応しておりません

本当はこれらの閲覧をしてみたくてアプリ購入に踏み切ったのですが、全く使えないという結果に・・・笑 アカウント入力画面より先に進めません。

まぁ元々ググってみても英文記事でも例がなかったのでなんとなく不安ではあったのですが、案の定ダメでしたね。

今後のアップデートでぜひこの点を変更してもらいたいものですが、ライセンス絡みの障壁が高そうですのであまり期待はできないかもしれません。

 

こんな使い方が「今の所」オススメ

ということでまだ使い込んではおりませんが、今の所オススメできそうな使い方を紹介して終わりたいと思います!

気になるブログの「最新情報」欄

気になるブログの「最新情報」欄を表示させれば、アプリがなくても常に最新記事情報の確認ができますね。

以下、よくチェックさせて頂いているTaisyo(@taisy0)さんの「気になる、記になる…」。

為替レートの「金額」欄

表示しているのはカナダドルの円相場です。以前にも紹介したXE Currencyでなぜか日本円のコンピレーション表示ができなくなってしまったので、代わりとなるものを探していましたが、これで問題解決しました。

Yahooファイナンスから情報を引っ張ってきています。

ヤフオク!の「現在価格」欄

ぶっちゃけヤフオク!は使ったことがないのですが、Glancifyはヤフオク!で結構使えそうな匂いがします。入札していないけど価格変動の様子は見ておきたい時など、この機能は結構重宝するのではないでしょうか?

ただアカウントにサインインしていない状態でのウェブサイト指定となりますのでその点ご注意ください。僕はアカウント持っていないので、試しにさくっとアップルウォッチをヤフオク!で検索してみました。

と、一旦今のところこれくらいですが、今後オススメの使い方が見つかったら、随時この記事を更新していきますのでお楽しみに!




ウェブサイトの表示情報を指定してアップルウォッチで表示できるというのは個人的にとてもポテンシャルの高いアプリだと思いました。使い方によっては結構化けるかも?コンピレーション表示に対応しているのですから!

有料アプリで値段も360円と少しお高いですが、試してみたいという方はぜひいかがでしょうか!

Glancify
Glancify

Doga

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で